間取り

コミコミ2000万円の家の間取りは?

投稿日:

現在はハウスメーカーや工務店も、ローコスト住宅に対する取り組みを強化していることが増えているため、2000万円と言う限られた予算でも素敵なマイホームを建てることが不可能ではなくなっています。この記事では建物に加えて土地、その他もろもろの費用をあわせて2000万円で建てられる家の間取りについて掘り下げていきますので、夢のマイホームを検討中の場合にはチェックしてみて下さい。

コミコミ2000万円で建てられる家の間取りの特徴

土地価格などもコミコミで予算が2000万円でしたら、1500万円の場合に比べると、より柔軟なマイホーム計画が可能になってきます。より高価な住宅に比べて制約は生じてくるものの、極端な狭小住宅だとか使いづらい間取りを覚悟する必要はありません。ファミリーでの暮らしだとしても、しっかりと使いやすさも感じられる間取りに仕上げていくことが可能です。
実際には、どのような制約があるのかですが、これは家全体の形状についてとなります。基本的にローコスト住宅は正方形や長方形などのキレイな四角に近い家で、一階と二階の床面積も同じくらいになるのが一般的。なぜなら、四角ではなくて凹凸のあるデザインはオシャレなのですが、価格が割増になり、ローコスト住宅には向かないからです。同じ理由で、一階と二階でデザインが大きく異なる場合も、予算は高めになるため、ローコスト住宅では難しくなっています。

したがって、予算2000万円の家の場合は、シンプルな正方形や長方形の家の中で、間取りを考えていくことが一般的です。このような形状にすると、建築費を削れるので建坪も30坪以上を確保することも可能となってきます。全国平均の建坪が35坪から40坪程度と言われますので、ローコスト住宅でもゆったりとした間取りを検討しやすくなるわけです。

同じ2000万円でも建売と注文住宅で間取りは異なってくる

マイホームを入手する手段としては建売りと注文住宅の二種類があり、それぞれに費用が異なります。建売りはハウスメーカーなどが家を建て、それを販売する形式で費用もリーズナブルですが、造りは画一的で設計に関する自由度は低いです。注文住宅は建築費は高価ですが、設計段階からオーナーが参加していくので、自由度の高い家造りを行えるのが特徴。予算2000万円の住宅は、両者ともに利用できるものの、間取りに関してはそれぞれに長所・短所が考えられるので注意が必要です。

まず、建売りの住宅は低コストで入手できるため、予算の割にゆったりとした間取りの家を手に入れることもできるでしょう。逆に注文住宅では、コストが割高のために建坪に関しては妥協が必要になるケースが多いはず。また、予算2000万円では余り自由な設計はできませんから、凝った間取りを実現するのは難しいでしょう。それでも、注文住宅にすることで理想的な使い勝手の良さや、夢だった間取りを実現できる可能性はあります。こだわりがある方は、ローコスト住宅を得意とする業者を検討してみてはいかがでしょうか。

低予算でも広々とした間取りにするコツ

予算2000万円の家では、特に一階のスペースは余り区切らずに、ゆったりとした間取りにすることで開放感を得られます。リビング・ダイニングの他に洋室や和室を設けると、かなり窮屈な間取りになりやすいためにローコスト住宅には向かないケースが多いです。この辺りは土地の事情も影響してきますが、30坪以下では基本的には部屋数は少ない間取りを考えておくと良いでしょう。

水回りに関しては、ローコスト住宅でもバス・トイレ・洗面台別の間取りを充分に検討可能です。安い賃貸物件のようにバスやトイレがくっついたユニット式は、避けることができます。
あわせて水回りに関してですが、キッチンは人気の対面式にしているケースが多いです。この方が部屋のスペースを無駄にしませんし、インテリアの一体感もあります。なお、キッチンに床下収納を設けると、間取りに自由度が高まるので、これは考えてみましょう。

ローコスト住宅で実現した間取りを紹介

2000万円の予算では、デザイン的な自由度は高くありませんが、工夫次第で憧れを実現している方もしばしば見当たります。例えば開放感のある吹き抜けは、ローコスト住宅でも不可能ではありません。これは二階部分の間取りに制約が生じるものの、夫婦の寝室を工夫するなどして、実現しています。キッズスペースについては建坪などとの兼ね合いになりますが、低予算の住宅でも検討は可能です。
リビング階段も2000万円で導入している家庭が見当たります。ただし、リビング階段や吹き抜けは、冷暖房効率を悪化させる場合があるので、これは慎重に考えたいもの。間取りを決めていく上では、デザインにこだわったり、人気のものを取り入れることも悪くはないのですが、機能性や使いやすさとのバランスを調節していくことが大切です。

検討中なら思い切って相談を

2000万円の予算であれば、寝室はガンガン予算を削ってリビングを広々とさせたい、と言うような考え方が可能になってきます。計画の幅は割と広いので、プランニングの際にはプロの意見を取り入れるのがおすすめです。節約のポイントや予算との兼ね合いなど、具体的なアドバイスがもらえます。まずは自身の希望をまとめておいて、気軽に工務店やハウスメーカーに相談してみましょう。

-間取り

執筆者: